「おのくん」が大量に心ない転売をされていることが悲しい

東松島のお母さん達が手作りで震災からの復興の願いを込めて制作されている「おのくん」が、ネットで心ない人達に転売されまくっているニュースを見て心を痛めました。
手づくりの物でもいらなくなったら売るのは自由だと思うけど、これは震災からの復興の願いが込められた特別なぬいぐるみです。
それも定価よりも高く出品している人が多くて呆れてしまいました。
中には「半年待ってやっと手に入れました」と書いている人もいて、半年待って転売する為に購入したのかよと思いました。
おのくんのことをお金儲けの道具としか考えていない人は里親になるべきではありません。
東松島のお母さんたちは悲しい思いをされていると思います。
制作したおのくんは大切に可愛がってくれる人の手元に届いて欲しいと願っているはずですよ。
あと説明欄に「断捨離のため」とわざわざ書く人もなんだかなと思います。
でも私も断捨離をするので今までは可愛がって来たけどいらなくなった気持ちも分かるのです。
だからと言ってこのような特別な品は本当に可愛がってくれる人に無償で渡すのが一番だと思います。借り入れ acom