流紋岩や閃緑岩などについて勉強をしました

顕微鏡などについて勉強しました。直交ニコルでは、鉱物の中を通過してきた光が上の偏光板を通過すると、無色鉱物でも色がついて見えるようになります(干渉色)。直交ニコルで観察しながら載物台を回転すると、色が変化したり真っ暗になったりします。岩石の薄片は、岩石の片面を平らにすり減らしてスライドガラスにはりつけ、もう片方もすり減らして薄くしていき、その上にカバーガラスをはりつけたものです。偏光顕微鏡で観察される色(干渉色)は岩石の厚さにも関係するので、薄片の厚さは一定(30μm)になるようにつくられます。流紋岩は、小さな斑晶が流れ模様を示すガラス質(直交ニコルでは真っ黒)の石基の中に散らばっています。安山岩は角閃石、輝石、斜長石の自形の斑晶が細かい石基の中に散らばっています。閃緑岩は角閃石、斜長石、石英の他形の結晶がかみ合うような形になっています。直交ニコルにすると斜長石と石英が区別できます。勉強になりました。脱毛ラボ 12箇所

部屋の大掃除で気分もスッキリリフレッシュしました。

先日ふと自分の部屋を客観的に見たときに、ものすごい物が散乱していることに気づきました。
その時は気に入ってかったはずのものが時間の経過とともに床に散らかっている状態だったので、思いきって整理整頓を決意。
まずは床に散乱している物を、一つずつゴミとそうでないものにわけ、そのあと使わないものをゴミ袋にいれていきました。
まだ使えるものを捨てるのはかなり勇気がいりましたが、使えても使わないのならゴミと同じだと言い聞かせ、潔くゴミ袋の中に入れていくと、次第に気持ちも前向きになり「これも今は必要ないなぁ。」とパッと区別をつけることができるようになって、さくさくと片付けることができました。
一日かけてじっくり片付けたあとは部屋が見違えるほどきれいになり、捨てたゴミは袋3袋になりました。
これだけのゴミが部屋にちらかっていたのかと思うとゾッとします。
綺麗な部屋はやはり気持ちが良いです。
今までは部屋にあまりいたくなかったのですが、すっきりしたことで部屋に長時間いたくなりました。
このきれいな部屋をキープするためにも、これからはこまめに不要なものを捨てる習慣をつけていきたいと思います。カードローン 審査

マタ移籍の噂にプロの世界の厳しさを改めて知らさせた思いがした

M・ユナイテッドに香川が在籍していた当時チェルシーから移籍して来たせいで香川はチームでの居場所を失い放出されるきっかけになった選手がホアン・マタなのでしたが、
なんと歴史は繰り返すのでしょうか、来季から指揮を執ることになったのはマタが古巣を追い出された時の監督モウリーニョなのでした。ですからまた干されそうだと観念したのでしょうかマタのエバートンへの移籍が取りざたされていますがそれを見ながらプロは大変だと思ったと同時に、これがプロの世界なのかと改めて考えさせられました。
プロ選手の生活というのは他のプロ選手の不幸の上になりなってるといっても過言ではないと思います。
それは香川がユナイテッドに加入したせいでそれまでレギュラー的地位にいた韓国の朴がQPRへと放出されその後の引退へのトリガーになったことからも言えるでしょう。
その香川もフェライニやマタら中盤のライバル達が移籍してきたことにより、ポジションを奪われ出場機会を失ってしまったわけですからまさに同じことの繰り返しなのです。
ただ欧州の人達には別におかしなことでも何でもないのでしょう。そもそもモノの考え方が日本とは違いますからよくある話の一つに過ぎず、すぐに忘れ去られてしまう些細な出来事でしかないのでしょう。エピレvio効果

夏場の書店巡り。本読み印象作文のピークですね

今日は久々に、大きめの本屋をゆっくりと散策しました。
自身が楽しみにしているのは、各執筆会社が行う『夏季の文庫公正』。
最近は公正向けにお洒落な装丁に替えられる文庫本も数多く、見ているだけで楽しめます。
公正用の小図書をパラパラめくっていると、古い名作から最近の明かりノベルまで載ってあり、
どれを読もうか、わくわくしてしまう。
一番気になっているのは、柚木麻子様の『書店のダイアナ』。
本屋ではたらく乙女がキャラクター、乙女同士の友情がトラブル、という好きなポイント腹一杯で、とにかく買いたいと思います。

ちらっと期待をひかれて、本読み感触作文の書き方がトラブルの文庫をゼロ冊買ってみました(笑)
誌の感触などをかしこく書き込めるようになりたいな〜、という軽い気持ちで買ったのですが、
付票やえんぴつを駆使しながら読書するなど、成人も勉強になる特性で、読んでいて甚だ楽しめました。
成人向けの本読み感触作文コンクールなんてあったら、こういう誌の内容を活かして、応募してみたいなあ。キレイモ 支払い方法

過日習っていたピアノを大人になってから弾いてみた。

俺は昔ピアノを習っていました。
ピアノ講義といっても、初老の母親の先生がご自宅で行っているようなちっちゃな講義だ。
展示会やライブといった大掛かりな会合もなく、楽譜の考え方などの土台を教えてもらいトレーニング曲を弾くといった緩い感じの習い事でした。
意図あって2世代程度しか向かう事が出来ませんでしたが、ピアノを弾かなくなった後半もトレーニング目的に買ってもらった電子キーボードのみが残しました。
そしたら、数年後半楽譜の考え方もすっかり忘れてしまった残念な大人の前にもっとあのキーボードが現れたのです。(倉庫掃除しててみつけた。)
懐かしくなってコンセントを入れとにかく鍵盤を押してみます。

ポーン…

誠に言う事でしょう!数年ぶりだというのにぜんぜん
健在だと言わんばかりの動画だ。動画が狂っているかどうかは分かりません。だって調律師も何でもありませんから。電子動画だからそこらへんは必ず大丈夫です。
キーボード特有の様々な実施(鍵盤が脂ぎる)も壮健でした。たっぷりともる??
ありがたくなって一曲弾いて見る時にする。曲はピアノを習う前から大得意なハイスピード「ねこふんじゃった」だ。

ジャーン??

とりわけ弾き終わって満足したので、キーボードにはしばし倉庫待機していてもらおうと思います。ベルタ酵素 市販