眠りにつくまえの手持ち無沙汰な時間に何をしようか

就業から帰宅して一通りの事を終わらすと、年月が出来ます。
僕はこういう時間を持て余す事が多いです。
DVDを見ようか読み物を読もうか、それともコミックを読もうか、と何かとラインナップがあるのに、だ。
凄まじいときはそのまま寝てしまう。
それも勿体無いので今日はコミックでも読もうとライブラリーに行きました。
ライブラリーと言えばコーディネートはいいのですが、ただわずか100均で買った単行本維持バッグに入れて、積み上げられて掛かる図書たちがいらっしゃる配置だ。
ここから読みたい図書を探し出すのですが、これが一就業だ。
面倒臭いので最良前にあったコミックを掴むことにしました。
「鬼灯の冷徹」だ。
こういうコミックで一番好きなのは、草の上にランチュウという金魚が咲く金魚草だ。
かなりシュールなコミックなのですが、何たび笑わせてもらったかわかりません。
極悪なども交えた現代の最悪でおりなす、オフィスコメディというのでしょうか、キャラクターの鬼灯が親分です閻魔大王を親分と思っていない位がスカッとする時もあります。
目下21巻まで発売されています。
さすがに一度に21巻全巻を読み返す気はないので、今晩はホール童子が出てきた巻を読んで安眠につこうと思います。エピレ予約変更